どういうフォームが駄目?

どのようなエントリーフォームがユーザーにとって使いにくいのかを知ることにより、入力フォームの最適化=EFO(Entry Form Optimization)のヒントが得られます。一番基本的なこととして、自分が使いにくいと少しでも感じる入力フォームは、他人にとってはもっと使いにくいという場合が多いです。

もう少し具体的なことをいいますと、入力する項目が過度にあると、ユーザーは不満を感じます。また、多くのWEBサイトのエントリーフォームは入力画面、確認画面、完了画面と移動していく流れになっており、ネットユーザーもこの流れに慣れている人が多いです。ステップ数が過度にあることや、自分の現在開いている位置がどの段階で、これからどういう画面へと移っていくのかが目に見えてわかる状態でないと、途中でユーザーが去っていってしまう可能性が高いといえるでしょう。そのため成果を逃さないためにEFOの導入は重要なのです。

そのほか、半角・全角の両方の入力に対応しておらず、全角しか受け付けない半角しか受け付けないという仕様だと、エラーになったときにユーザーが去ってしまう可能性が高まります。入力ボックスの配置も、WEBサイトは上~下へと向かってスクロールしていくため、横に並べてボックスが配置されているユーザーは不満に感じやすいでしょう。

Written by 管理人 in 未分類

Next Post

使えるテクニック

どのようなエントリーフォームがユーザーにとって使いにくいのかを知ることにより、入力フォームの最適化=EFO(Entry Form Optimization)のヒントが得られます。一番基本的なこととして […]

Continue Reading